contents header

甲子園は、雨で中止だったけど、大阪で旨い酒見つけてきました!

先週の日曜日。
今期、最後に行ける甲子園と思い大将と二人で、大阪へ。

ホテルに荷物を預け、さて甲子園へと出かけようとした時に、雨天中止の連絡が・・・。

仕方なく、掛布さんのユニフォーム姿の大将と大阪の街を探索に。

※試合ない日のユニフォーム姿は、大阪でも目立つ。

 

 

たまたま見つけたお初天神でイベントがあり、覗いてみることに。

ガールズバンドの演奏で賑やかな境内。
その中に日本酒の試飲のテントを発見!

大阪、京都、和歌山の蔵元の方がみえていました。

さっそく試飲。

うううッ、旨い!
大阪まで来たかいがありました。

どれも旨かったのですが、特にこれはすぐにでも出したいと、京都の蔵元の方にいろいろお話を伺い本日入手。

 

熊本産の食べるようのお米、「森のくまさん」を使った京丹後市のお酒です。

しかも、右「903(くまさん)」が黄麹、左「46903(しろくまさん)」が白麹と仕様が異なります。

今回は、飲み比べできるよう2本とも仕入れました。

しっとりした味わいの「903」とフルーティな味わいの「46903」は、どちらも甲乙つけ難し。

仕込の麹の違いと、食べるお米で作った酒の味。ぜひ、お試しを。

さて、本来なら、秋の冷やおろしの季節ですが、

いろいろと冷やおろし以外にも、楽しい酒を入手しています。

とはいえ、まずは写真左の冷やおろし、鳥取「こなき純米」。

右は、福島の天明の蔵から「坂下山田」を入手。

 

「こなき純米」は、冷やおろしらしい旨みとさらりとした辛口。

「坂下山田」は、天明の蔵人が地元の坂下で稲を育てた山田錦を使用。

酸味の効いた旨口の酒です。

他にも、新潟「加茂錦 荷札酒」、

石川「宗玄」、愛知「蓬莱泉」などなど。

 

そして、こんな楽しい梅酒も。

どこが、酒名かわかりにくいですが、

「甘えてられない人生梅酒」という名前です。

人生を噛みしめたい夜におすすめ。

 

旅行にでるたびに、その土地土地の酒をみつけるようにしているのですが、

酒の出会いが人との縁となることもあり、

また新しい酒との出会いが楽しみに思えます。