contents header

北海道から、紫アスパラガス入荷! 生と塩焼きの2種でお出ししています。

緑でも、白でもありません。

コレ、紫色のアスパラガスです。

 

初夏の一時期だけ、北海道の市場に出回るという「紫アスパラガス」。

しかも、生でも食べられるので、スライスした紫アスパラガスにレモン汁と塩で。

 

今回当店では、北海道から直接仕入れて、

生と塩焼きの両方でお出ししています。

生で食べると、ムムム、みずみずしくてほんのりと甘味が。

炭火焼では食感も変わり、また違った甘味が。

そのみずみずしさと食感の違いに、

徹夜明けのお客様が「疲れが癒された」との声も。

今だけの食材なので、どうぞお早目に。

 

 

そんな夏の食材に合わせるなら、こんなお酒。

暑い夏を楽しく過ごす「夏酒」が引き続き入荷。

左から、栃木「仙禽 かぶとむし」。

高知 「久礼 花河童」。

※花火をみながら晩酌する河童から花河童に。

和歌山 「紀伊国屋文左衛門」。

 

夏酒の他にも、

福島 「会津中将 夢の香」や岐阜の「射美」なども。

余談ですが、今回の「射美」のコンセプトはいちごだそうで。

杜氏は酒作りの間、

「おまえらはいちごだ。いちごのように酸味があり、甘味があり・・・」

と何度も酒に話しかけて作ったとか。

どんないちごになったかは、ぜひ飲んで確かめていただきたいところ。

ちなみに、「射美」の裏書は、毎回いろんな身近なストーリーがあり、

どこかでボトルを見かけた際は、ぜひチェックしてみると楽しいですヨ。

 

さて、蒸し暑い日が多いですが、まだ6月。

早くも夏バテしないよう、リフレッシュして夏本番を迎え討ちましょう!