contents header

【新着・酒情報】秋は、やっぱり冷やおろし!

「冷やおろし」の季節になりました。

夏の間に熟成し、秋に飲み頃になるよう仕上げた日本酒のことをいいますが、(「秋あがり」ともいう)

9月に入ってから、続々と出荷され、毎年のことながらアレコレ仕入に迷ってしまいます。

まずは、埼玉・川越の酒、「鏡山」から。

旨みのある人気の酒ですが、ちょうど鏡山特製の袋絞り酒粕と純米酒に漬込んだクリームチーズも入手。

なめらかな舌触りと、濃厚な酒粕の風味とのバランス良し!

ぜひ、鏡山の酒といっしょに味わってほしい~。

 

 

 

他にも、岩手の「赤武」、

神奈川の海老名の酒、「いずみ橋 あかとんぼ」、

などの冷やおろしも。

 

この2~3か月は、毎年好評の冷やおろしはもちろん、

新しい蔵のものも登場しますので、どうぞお楽しみに。

また、冷やおろし以外にも

愛媛の「賀儀屋 9」、

徳島の「三芳菊 残骸」などもあり。

そして、今回はもう1本、芋焼酎を。

銀のかっこいいラベルは、「脱藩黒蝶」(だっぱんくろあげは)。

 

最近、芋焼酎好きな方から、芋くさい焼酎が少なくて・・・

としばしば嘆かれるのですが、

コレは、どっしりとした芋の旨みがありながら、まろやか。

こりゃ酔うなーと、思いながらついつい飲み過ぎしそうな味わいです。

 

さて、先日、冷やおろしの試飲会に行って来ました!

50種類ぐらいあって、利き酒も体力勝負。

でも、新しい発見がいろいろあり、また仕入れに力が入.る思いです。

やっぱり、秋はゆっくり時間をかけて酒を味わいたいですね。