contents header

こんなんありー!? な、日本酒のラベル

日本酒を分類すると、味や米、産地など様々ですが、

ラベルのデザインも興味のそそられるところ。

本日は、対照的なデザインの2本をご紹介。

 

左、岩手の「喜久盛・シャムロック」。

一見、かわいいクローバーですが、よく見るとドクロが。

しかも、お味はパンチが効いて旨みがストレートに迫ってくる感じ。

名前の通り、ロックなお酒です。
私、お客様には、最初の一杯にはおすすめしません。

最後の〆に飲まれることをおすすめします。

 

もう一本、右のお酒は徳島の「三芳菊」。

甘口なのに、後味良くとってもフルーティな「三芳菊」は、私も気に入って仕入れているお酒です。

しかも、毎回ユニークなラベルが多く、そちらも楽しみの一つ。

今回は特に、肩の力が抜けるようなホッとするイラストで登場しました。

甘口が苦手な方もいらっしゃいますが、「三芳菊」のような甘口系を試しいただくと、
日本酒のテリトリーが拡がる1本になるのでは・・・。

 

今回は、ラベルと一緒に味わってほしい2本でした。

 

さて、まだまだ暑いですが、そろそろ日本酒好きの方には

楽しみな「冷やおろし」の季節になってきました。

私、只今、アレコレ迷いながら準備中。

近日、「冷やおろし」も入荷しますのでどうぞお楽しみに!!

※「冷やおろし」・・・夏の間保管管理し、秋口に飲み頃になるよう熟成させたお酒。秋上がりともいう。