contents header

【新着日本酒情報】虎視眈々にも、ようやく春が!! 春の酒、入荷!!

ようやく、東京もさくらの開花宣言がでました。

今朝、お店に向かう途中で「ホーホケキョッ」とウグイスの声が聞こえ、

どこにいるかと探したら、まだ固いつぼみの桜の枝に。


寒い寒いと言いながらも、ずい分春らしくなりました。


そして、虎視眈々にも春のたよりが秋田から。

春酒は、地味に何本か入荷していたのですが、

虎視眈々の春といえば、この酒「ど Pink」。

ピンク色のにごり酒です!
赤く発色する天然酵母を使用しているので、無着色。

味も、にごりにありがちな甘み強めではなく、サラッとした飲み口で、

毎年大評判。

昨年もまだかなまだかな、と楽しみにしていたところ、まさかの出荷なし。

2年越しに届きました。



そして、こちらも春の酒。

福井「伝心」。

「どピンク」に次ぐ、当店の春の酒として毎年仕入れています。

香り良く、フレッシュな味わいのお酒。

ボトルの首のところに、一片の桜の花びらが、またかわいいんです。



もう1本、珍しいお酒が入荷。

奈良の「三諸杉(みむろすぎ)」は、

な、なんと、日本酒度-46度のお酒。

日本酒度とは、酒造りの目安で

通常+が辛口、-が甘口なのですが、

どんなに甘くても、ふつうはー7度やー8度程度。


ところが、この酒はー46度という強者です。

ジュシーで濃厚な味わいは、熟したフルーツ感あり。

しかも、この酒蔵は室町時代から続く老舗の中の老舗の酒蔵。

ぜひ、ご自分の舌で味わってください。


自分でいろいろ仕入れていて、言うのも何ですが、いろんなお酒がまだまだあって、

毎回仕入れやお酒探しは楽しいものです。