contents header

そら豆、入荷! 甘口の新潟「たかちよ」や東村山の蔵からも地酒あり!

つやつやのそら豆を炭火で焼いて。
つやつやのそら豆を炭火で焼いて。
あれ、「たかちよ」がこんなに。
あれ、「たかちよ」がこんなに。

3月に入っても、寒いですね。

特に、夜は冷え込みます。

それでも、春は確実に近づいているらしく、

つやつや、ふっくらとしたそら豆が、虎視眈々にも入荷しました。

 

先月、お客さまから、

「ほら、あの豆を焼いたやつある?」

と尋ねられ、その時は、まだ入荷しておらず。

毎年、楽しみにしていただけるのは、ありがたいことです。

 

そして、もちろん日本酒も。

どうしたことか、

新潟の「たかちよ」が3本も。

右から、赤、ピンク、紫のラベルです。

無調整 生、折がらみ、うすにごりの3本。

今なら、飲み比べもできます。

 

この「たかちよ」は、甘めのお酒ですが、後口良く、とろっとした口当たりは、くせになります。

 

東京・東村山市の蔵から、「十右衛門」
東京・東村山市の蔵から、「十右衛門」

そして、もう1本。

こちらは、当店でも人気の東京の地酒、「屋守(おくのかみ)」の蔵から、

「十右衛門」。

江戸時代から、続く老舗の蔵元の初代当主の名前だそうです。

「屋守」同様、酸味の効いた飲み応えのある酒です。

 

ちまたでは、梅の花もちらほら。

春の訪れも、もうすぐですね。

最後に風邪をひかないよう、皆さまどうぞ、お体にお気をつけて。