contents header

本日も、杜氏4人の蔵から、海外でも人気の酒まで入荷中!

広島 神雷
広島 神雷

当店、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、

基本日本酒は、季節の酒か限定の酒を5,6本常時用意しています。

(定番酒は、「八海山 本醸造」と「一白水成 特別純米」の2本のみ)

 

今でしたら、冬のしぼりたてを中心に据え、そろそろ春の酒も仕入れようかと思案しているところ。

 

そして、仕入れの際にはなるべく有名どころは避けて、

日本全国のラベルを仕入れるようにしています。

そのため、酒蔵の大小にかかわらず、旨い酒をという思いがあるので・・・。

今回は、広島の杜氏4人で造っている酒、「神雷」から。

 

広島は甘めのお酒が多いのですが、

「神雷」の蔵は、長年の方針で辛口の酒にこだわっているそうです。

そして、その自信はラベルにも。

4人の杜氏がずらりと並んでいます。

文字通り、生産者の顔が見える酒です。

 

 

 

長野 直虎
長野 直虎

そして、こちらは長野の「直虎」。

・・・「虎」とつくと、ついつい気になってしまう。

で、「直虎」とは人名と聞き気になって調べてみると、

酒蔵のある須坂市の須坂藩主、堀 直虎氏の名だそうです。

この藩主、幕末当時に徳川慶喜を叱った大名として知られおり、地元で愛されている人物。

その名を冠した酒です。

この「直虎」も「神雷」も地元以外ではなかなか手に入らない酒。

それぞれの造り手の想いのこもった酒です。

 

 

京都 澤屋まつもと
京都 澤屋まつもと

そして、最後は京都から「澤屋まつもと」。

こちらは、ファンの多い酒で海外でも五ツ星レストランで人気の酒。

今回、しぼりたてが手に入りました。

 

 

「今度は何が入ったのー?」

と、楽しみにしてくださる方もあり、毎回仕入れは、気合いれています。

ただし、お店が小さいこともあり、だいだい1本づつ入れてどんどん新しいものに変わるので、

気になるお酒はお早目に!