contents header

【新着! 芋焼酎&日本酒】古酒の芋焼酎や初しぼりで、寒い夜も楽しく!

熊本から古酒「池の露」
熊本から古酒「池の露」

日に日に、寒くなりました。

アタシはすでに、あったかパンツでホールに立っていますが、

11月からこんな寒がってて良いのか心配です。

 

さて、今日はまず芋焼酎から。

ちょっと珍しい熊本の焼酎。

古酒「池の露」です。

これは、香りから味から芋っ!

しかも古酒ならではのまろやかさがあり、芋焼酎好きにとってもおすすめ。

ラベルも、味のある鶴と松のイラストできれいです。

三重 「作」、青森 「ん」
三重 「作」、青森 「ん」

そして、日本酒は冬の酒初しぼり、2本。
左は、人気の三重の酒「作」。

作らしいすっきり感の中に、純米生原酒ならではのしっかりした味わいも。

 

右は、「ん」です。

青森の豊盃からおりがらみの普通酒、生です。

めったに普通酒は仕入れないのですが、普通酒でおりがらみの生酒なんて

珍しい~と入荷。「ん」という名も楽しそうでしょ。

 

秋田 「新政」
秋田 「新政」

お次はこちら、秋田の新政から。

純米大吟「No6」。

ちょっと、こちらはお値段はるので、当店では普通に仕入れられないなー、

と思いつつも、新政の酒なら飲んでみた~い。
「大将。勉強のために味をみたい酒があるんですが・・・」

と、恐る恐るたのんでみた。

そんなこんなで、弱気で頼んだ四合瓶が到着。

お味は、ンンン、さすが新政、フルーティな口当たりとまろやかな味わい。

こちらは、メニューに出さずこっそりと。

気になる方は、仕入れ担当キョウコまでお声かけください。

 

この他、当店でもファン多しの島根「王禄 出雲麹屋」辛口のにごり酒、石川の「遊穂」も入荷中。

 

虎視眈々の路地から見える月も、空気が澄んで一段とぴかぴか光る夜もあり。

寒い日は寒い日の楽しみで、盃を傾けるのもオツなもん。