contents header

【 新着! 日本酒 】これは、必飲! 大吟醸10年古酒、入荷!!

「蔵の宝」10年古酒
「蔵の宝」10年古酒

「お客さんー、イイの入りましたよ~」

と思わず手もみしたくなる酒、入荷!!

山形の「くどき上手」大吟醸、10年古酒。

 

今まで、3年物、5年物と仕入れたことはありますが、

10年物は初!

さらに、大吟醸の古酒も珍しい。

 

10年前は何があったか・・・、なんて考えながら、グラスを傾けるのも乙なもの。

ちなみに、10年前のワタシは、OLでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京・東村山市「屋守」
東京・東村山市「屋守」

さて、お次は当店でも人気の高い東京は東村山市の「屋守(おくのかみ)」。

いつもだと、柔らかい甘味とすっきりとした口当たりの酸味ですが、

今回、ティストは生かしつつ、ぐっと飲みやすい仕上がりです。

 

芋焼酎 「鶴見 白濁無濾過」
芋焼酎 「鶴見 白濁無濾過」

こちらは、芋焼酎。

毎年、寒くなると出荷される「鶴見 白濁無濾過」。

うす濁りですが、まろやか。

焼酎を飲みなれない方にも、飲み口やさしく、焼酎通の方には味わいが楽しめる1本です。

 

本日、ランチタイムのできごと。

お客様の会話でつい「日本酒」という単語があるとピクンと気になるワタシ。

もちろん、聞き耳を立てるつもりはないのですが・・・。

なんだか、「やっぱり日本酒は甘くて、飽きちゃうんだよねー」と聞こえてきて。

 

そうですよね。日本酒というまだまだ甘くて、飲み過ぎると翌日大変というイメージが強いですよね。

もちろん辛口で旨い酒もたくさんありますし、

甘口でも後味が良く、うま味のある酒もいろいろあって。

ああ、そんな会話をされている方にこそ、お勧めしたい酒、あるんだけど!!

と思う、今日この頃。

自分の好みの酒が飲みたい方、たまにはチャレンジしてみたい方、

ぜひ、酒仕入担当キョーコまでお声かけくださーい。

自分が旨いと思う酒に出会う楽しさも味のうち!