contents header

今度の春酒は、島根・辛口の王禄。300本限定だー!!

左・王禄、右・綿屋倶楽部
左・王禄、右・綿屋倶楽部

あああっー。東京では、もう桜がずいぶん散り始めました。

先週、店を締めてからスタッフみんなで、ちょっぴり遠回りして、近くの鍋島松濤公園まで夜桜見物。

特に、ライトアップされているわけでもないのに、桜の花が夜空に浮かんでキレイでした!!

 

これから、どんどん暖かくなり、暑くなり、夏!!なんでしょうが、

もう少しの間、のんびり春を楽しみたいですね。

 

ということで、またまた春の酒、入荷!!

島根の王禄です。

王禄は辛口の酒で、うちでもチョイチョイ仕入ていますが、

コレは春限定。しかも、王禄では珍しく初しぼり。

そのためか、300本限定。

全国に出回る数が300本ですので、ここ宇田川にあるのも不思議な感じ(自分で言うのもなんですが)。

 

そして、右の綿屋倶楽部。こちらは、宮城の酒。

もともとある「綿屋」の酒からスピンオフした酒です。

あっ、コレは「コットンクラブ」と読みますから。

米の旨味たっぷり~。

そして、もう1本!。

ワタシのお気に入りの一つ、山形・雅山流 如月。

これは、すっきり系の酒がお好きな方には、ぜひ一度味わってほしい酒!

特に、三重の作が好きな方とか・・。

透明感の中から、じわじわ味が染みだしてくるようで、

こんなにクリアに酒が造れるものかと思わせる酒です。

 

 

先日、日本酒ご注文の二人連れの男性のお客様。

お二人でとっくりで日本酒をお飲みなのですが、

どう見ても、うちでお出ししているおちょことは違うなーと思っていたら、

「コレ、マイおちょこなんです。旨い酒の時にはコレ出して飲むんです」と。

いつも持ち歩いているそうですが、

「いやー、久しぶりに自分のおちょこで酒が飲める」とうれしそうに言っていただいて、

こちらも仕入冥利に尽きます。

これも、酒が繋ぐご縁でしょうか!!