contents header

さぁ~、今回の冷やおろしは、北と南の飲み比べ!!

左・長崎「福田」、右・北海道「十一州」
左・長崎「福田」、右・北海道「十一州」

さて、今回の秋の地酒・冷やおろしはこの2本!

まずは、長崎は平戸市から「福田」。

以前にも、一度仕入ましたが好評! 特にちょうど長崎出身のお客様も見え、

あれよあれよと空いてしまいました。

今回、冷やおろしは、さらにググっとくる辛口でさらっとしていて。

いけます。

そして、もう1本は、北海道から。

その名も「十一州」。明治時代の北海道の呼び名が「十一州」だそうです。

こちらも、吟醸ひやおろし。

さあて、北からいくか、南からいくか。

ぜひ、飲み比べを!!

 

三重・鈴鹿から「作」
三重・鈴鹿から「作」

あっ、もう1本!!

三重・鈴鹿市、「作(ざく)」めぐみの純米。

こちらは通年品ですが、すっきりとした口当たり。

特に、いろんなお酒を試している方、日本酒を飲み慣れていない方には、

こんな「日本酒」もあるのかと思わせる酒です。

今回も気合いの入った仕入してまーす。

どうぞ、お試しを!!