contents header

秋の地酒・冷やおろし、好評!! 今度は、「水芭蕉」入荷!!

今度は、群馬から「水芭蕉」
今度は、群馬から「水芭蕉」

ようやくようやく、秋らしく・・・。

気のせいでしょうが、年々夏が長い気がします。

 

当店では、8月の終わりから、秋の地酒・冷やおろしを仕入れ、ちょっぴり秋の気分~でしたが、

これからは本格的に、冷やおろし追加していきます!!

さて、この日本酒は群馬の「水芭蕉」。もともと、水芭蕉の名にふさわしくすっきりとした味わいですが、

冷やおろしだけに、熟成された甘味も加わり、しっとり飲むにはもってこい!なお酒。

 

日本酒の難しいところは、純米、純米吟醸、大吟醸と造りの違いや、

通年品、冷やおろし、しぼりたてなど、季節ごとの造りが一つのブランドにあり、

(もちろん、米の種類や磨きの違いなど他にもいろいろあったり)

1本飲んで、このブランドがいい、悪いと決めかねる場合がよくあること。

この味で同じブランドのラベル!?って思うこともあるのですが、

ベースの味がぶれないものだと、造り手の顔が見える気がして、その違いを楽しめるものです。

 

冷やおろしは、特にその感が強く、毎年アタシも楽しみ。

おかげさまで、虎視眈々でも「冷やおろし」は好評!!

今週はあと2本追加予定。

特に、虎視眈々初の北海道の地酒も入荷予定。それに合わせて、九州・長崎の地酒も。

北と南の地酒飲み比べなんてどうですか?

 

もちろん、仕事熱心なアタシは、お気に入りの三重県の酒、ないしょで1本入荷予定。

こちらは、通年品ですが、すっきりとした味わいの・・・(お楽しみ)。

 

ちなみに、アテには「舞茸の姿揚げ」、「大シメジの炭火焼」がおすすめ。

日本酒好きの常連さんの人気№1は、「地鶏のたたき」です。

秋の楽しみ、まだまだつづく・・・・。