contents header

春感じる地酒入荷!!

福島と愛知から
福島と愛知から

ちょっとは、暖かい日もあるけれど、まだまだ寒い毎日。

エオコンが壊れて、電気ストーブにかじりついている私ですが、

そろそろ春を感じたく、こんなのを仕入れてみました。

左・福島の酒「一歩己(いぶき)」。こちらまだ2年目の新ブランド。

福島のハワイアンセンターの近くの酒蔵だそうで、若手杜氏の作です。

なんだか、ラベルの鮮やかな黄緑からも勢いを感じますが、お味もしっかりとしているのに

フレッシュ感があって、グーです。

もう一つは、愛知の老舗から、「山崎醸(やまざきかもし)」。

こちら、ヤマザキジョウと最初に呼んで、そのまま「ヤマザキジョウ」くださいといってしまった1本。

この酒は生のまま熟成し、立春の日に合わせて発売するという「春の蔵出し」の酒です。

 

まだまだ、寒い日が続きますが、せめて地酒で景気良く春を呼び込みたいですね!

 

 

ちなみに、春のピンク色の酒も予約済み。

まだまだ、楽しい酒仕入れてお出ししますので、お楽しみに。