contents header

奥が深いゾ。味わいの酒、醸し人九平次とやまとしずく

左・醸し人九平次、右・やまとしずく
左・醸し人九平次、右・やまとしずく

お酒仕入担当としては、毎度いろいろ悩んで仕入れているのですが、日本酒ってホントに奥が深いと改めて思わせられる2本です。前回の綿屋倶楽部(コットンクラブ)もそうですが、最近とみに酒蔵の杜氏さんも意欲的に味わい深い酒を作られていて、はっとさせられることもしばしば。

今回の2本も、そんなことをアレコレ考えさせられる酒です。

愛知の「醸し人九平次」山田錦、純米吟醸。特に最近では、海外の3星レストランで人気の酒。なかなか入らないです。そして、うまいです。

秋田の「やまとしずく」純米吟醸。いつも、気になっていてようやく仕入ました。こちらもなかなか入らない酒です。そしてうまいです。

どちらも味わい深く、とやかくいうより日本酒好きなかたには、ぜひ味わってほしい!!

東京も雪が降る寒さの中、うまい酒でほっとしてみませんか。