contents header

夏の日本酒、新潟から「村裕」。&焼酎白酵母を使った「亜麻猫」入荷

夏を味わいたくて、夏の日本酒をもう一本仕入れました。

今回は、新潟の酒「村裕」です。

「村裕」はどちらかというと、

すっきりとした中に深みのある味の印象がありましたけど、

夏の生酒は甘口。

ただし、後味はもちろんべたっとせずしっかりとした味わいあり。

食中酒としても、グーです。

 

そして、こちらは新政酒造の挑戦作「亜麻猫」。

秋田の新政酒造は、嘉永5年(1852年)創業の酒蔵ですが、

近年いろいろと日本酒の新しい試みをされているそうで、

この「亜麻猫」もその一つ。

通常、日本酒は黄麹を使用するそうですが、この酒は焼酎で用いる白麹を使用。

どう違うかと平たくいうと、酸味が強調されるとのこと。

確かに、酸味の効いた仕上がりですが、すっぱいというよりも味わい豊か。

この酸味は、日本酒っぽくない感じですが、うまく調和していて、おススメです。

もちろん、限定酒なのでお早めに。

・・・そうそう、このラベルもシックでいいですよね。写真だとちょっとわかりにくいけど、

猫のイラストが主張しすぎずに溶け込んでいて。