contents header

【あ行】

うまいものはうまい
umaimonowa-umai【芋焼酎】当店定番の芋焼酎。「黒霧島」などで知られる宮崎県都城市の霧島酒造作。鶏料理にはやっぱり芋焼酎でしょうと、ハチマキ大将ご推薦。コクがあって飲みやすい。またこの「うまいものはうまい」のラベル?がすごい。芋焼酎は南九州の食文化の一つとし、相性の良い四季折々の宮崎の食材の写真に覆われている。必見!

【か行】

虎視眈々
koshitantan【四字熟語】強い者が機会をねらって形勢をうかがっているさま。とらが獲物をねらって、鋭い目でじっと見下ろす意から。
虎視眈々のつぼ
koshitantan-no-tubo【情報】地鶏や 虎視眈々を深読みするキーワード集。真面目な情報もおもしろ情報も掲載予定。随時、追加していく予定のため、こちらも要チェック!

【さ行】

お好きな杯をどうぞ
お好きな杯をどうぞ
sakazuki【酒関連】当店でお出しする日本酒は、お一人づつ冷えたグラスで出すのが基本。ただし、熱燗や大勢でとっくりで飲みたい時にお持ちしているのが、杯。大小いろいろあって、その方の好みでお好きなものをお選びいただいています。実は、コレほとんど実家から持ってきたもの。そのため、古いものも交じっておりそれぞれ味のある杯です。

【た行】

多胡麻かりんとう
多胡麻かりんとう
tagoma-karintou【ツマミ】お腹いっぱいだけど、何かほしい時におススメのつまみ。通常のかりんとうより甘みが抑えめで、ちょっぴり塩味&黒胡麻風味です。焼酎や日本酒との相性も良くちょっとくせになる味。意外と男性受けする隠れキャラ。
虎耳メニュー
toramimi-menu【情報】店内にあるメニューの一つ。
お酒に合うつまみや、地酒などを中心に紹介。特に地鶏料理に合う日本酒に力を入れており、季節の酒や限定品の酒をその都度仕入れ案内している。コンセプトは三つ。地鶏に合う旨い酒、値段が高過ぎない酒、珍しい、面白い酒。

【な行】

2009年7月11日
2009nen7gatu11nichi【記念日】地鶏や 虎視眈々オープン日
「渋谷で、個人店の味を!!」とスタートした虎視眈々。当初は、目印の提灯もなく、入口も引き戸でなかった。少しづつマイナーチェンジし、現在に至る。特にオープン当初は、炭火焼の煙対策に苦慮し、ランチタイムに次々焼くと、店内はモウモウ。ホールスタッフも、涙ながらに料理を運ぶ場面も。2011年に煙突工事をし、現在は一度に3~4人前焼いても煙が広がらなくなった。

【は行】

ハチマキ大将
hachimaki-taishou【人物】虎視眈々・料理長
常にカウンターの向こうで、炭火と格闘している人。一見怖そうだが、めったなことでは動じない。虎視眈々以前のお店でも、常にハチマキを着用。お店を開業することが決まった際に、店舗の場所も店名も決まる前から、自分のハチマキを発注した逸話を持つ。現在は、某野球チームのマフラータオルを愛用。お気に入りは24番。
[呼称]大将、ヤマさん。
阪神ファンの店疑惑
hanshinfan-no-mise-giwaku【検証】
店の名前に「虎」があるため、その一文字に惹かれて来店される方も多い。たいてい帰えり際に、ここは「阪神ファンの店ですか」と小声で確認される。基本的に「ハチマキ大将」が一阪神ファンなのは否定できない。ただし大将自身野球・スポーツ好き。またスタッフには熱烈なヤクルトファンやサッカーファンがいたり、常連のお客様もロッテ、ホークス等いらして大将と野球の話で盛り上がる。巨人ファンの女性のお客様も「阪神勝ちましたよ」と声をかけてくれたり(対戦カードのためお帰りは寂しそうだった)。中日ファンが応援歌を店内で大合唱した夜もある。「結論」阪神ファンはもちろん野球好き、スポーツ好きな方にも楽しめる店、ということでどうでしょう?

【ま行】

迷子
maigo【人物】虎視眈々へ向かい迷子になる方
初めてご来店される場合、よくお電話があり「新東京ビルの前にいるんですけど…」「神南小学校の前で、20分ぐらいお店を探しているんですが…」。すみません、わかりにくい場所にお店、あるんです。東急ハンズまで、普通に来てもらえるのですが、たいてい途中で一本前の路地を入り、坂道を上がられる方多し。グーグル等地図検索すると合ってはいるのですが、入口と反対側のビルの位置を指してしまうらしく、さらにわかりにくい。
ということで、東急ハンズを過ぎたら、そのまま井の頭通りをNHK方向に進むと道沿いに「地鶏や虎視眈々」の提灯があるので、その角を曲がってください。坂を上がるとたどり着けません。そして、それでも迷ったらお気軽にお電話してくださ~い!!
店前の猫
misemae-no-neko【動物】店の前の路地を縄張りにしている猫。非常に人懐こく、携帯をかけに外に出たお客様の足元にすり寄ってくる、置いた鞄の上に丸くなるなど、目撃談多し。ただし、開け放した入口から、店の中にはなぜか絶対入って来ないというお利口な一面も持つ。虎視眈々の看板猫的存在。(注・写真はガンを飛ばしているが、カメラ目線にしようとしたのが気にいらなかったらしい)

【や行】

たっぷり柚子胡椒をどうぞ
たっぷり柚子胡椒をどうぞ
柚子胡椒
uzu-koshou【調味料】最近では知名度も高まったが、九州方面で一般的に使用されている調味料。柚子の果皮と塩をすりつぶし、軽く熟成させトウガラシ等で合わせたもの。(九州の一部の方言で、トウガラシを胡椒と呼ぶため)当店では、「地鶏の炭火焼」やハツ焼、ささみ焼などの塩焼きものに添えられている。特に、「地鶏の炭火焼」の鉄板に添えられた「柚子胡椒」。鉄板の熱で柚子胡椒が乾燥し、白っぽくなったものを見て諦めちゃいけない。余分な水分がとんで、旨味凝縮。これをつまみに飲む人も。お試しを。

【ら行】

随時項目更新中

【わ行】

随時項目更新中